一般社団法人 福井戦国武将の会
お弔いツアーコース 賛助会員募集 福井戦国武将の会とは

TOP> お弔いツアーコース(1日コース)

1日コース
2日コース




※場所をクリックすると詳細へリンクします。
朝倉氏遺跡 明智神社 柴田神社 藤島神社 称念寺 丸岡城
  ●JR福井駅 午前10時出発〜午後4時JR福井駅解散
  ●費用:5,500円(お弁当、お土産付き)



朝倉氏遺跡
 福井市郊外の一乗谷に、1471年越前の守護 朝倉孝景が居城を構え、1573年織田信長の焼き討ちで滅亡するまで百年にわたって栄えた朝倉三代の夢の跡である。
城跡、唐門、庭園、復元館、資料館などがある。

五代義景公墓所

西山光照寺跡地
   

唐門

発掘所
  ページTOPへ

明智光秀神社
 一乗谷朝倉氏遺跡から西に約三キロ下った東大味地区に、1562年から4年ほど暮らした館跡がある。1563年には光秀の三女 玉、後の細川ガラシャが誕生している。
 屋敷跡には小さな明智神社が祀られている。天下の謀反人として世間から白い目で見られ、村人たちは、村を戦禍から守ってくれた光秀公を静かに守ってきたのであろう。全国唯一の明智神社である。

明智神社

細川ガラシャゆかりの里
   

福井市都市景観重要建築物看板

生誕の碑
  ページTOPへ

柴田勝家・お市の方神社
 福井市の中心部にある柴田神社には、織田信長公の筆頭家老であった柴田勝家公と、信長公の妹で奥方のお市の方が祀られている。柴田神社は北ノ庄城跡に建てられたもので、勝家公は福井市まちづくりの祖として市民に愛され、境内にはお市の方と三姉妹の石像がある。

街中にある鳥居

柴田勝家像
   

三姉妹神社

慰霊碑
  ページTOPへ

新田義貞藤島神社
 福井市民憩いの地である足羽山の中腹にある藤島神社には、建武の中興の祖である後醍醐天皇の侍大将として活躍した忠臣新田義貞公が祀られています。義貞公が戦死した街はずれの藤島区灯明寺畷には、巨木に覆われた新田塚があります。

藤島神社

歴代福井県知事の書
   

新田塚記念碑

新田義貞戦没傳説地
  ページTOPへ

新田義貞・明智光秀ゆかりの称念寺
 福井市に隣接する坂井市丸岡町長崎にある称念寺は721年開山の古刹である。新田義貞公の遺骸を引き取り懇ろに供養したことで知られる。それだけでない。明智光秀公が28歳の時、齋藤義龍に敗れ越前に逃れ称念寺で寺子屋を開き、不遇時代を過ごし、住職薗阿上人の推挙で朝倉に仕官、道が開けた。義貞公の墓、光秀公の夫婦愛を詠んだ松尾芭蕉の句碑がある。

称念寺正門

称念寺
   

忠霊塔

松尾芭蕉の句碑
  ページTOPへ

日本最古の天守閣 丸岡城
 称念寺と同じ坂井市丸岡町に柴田勝家公の甥 柴田勝豊が築城した丸岡城(1576)がある。
別名を霞ケ城と称し、桜の中に浮かぶ天守閣はまさに霞ケ城、国の重要文化財である。

丸岡城

丸岡城天守閣の重要文化財

丸岡城天守閣の重要文化財
 



2日コース
福井戦国武将の会 0776-97-9078
ページTOPへ